ソフトウェア


Insight


insight


  • 概要
  • 仕様
  • FAQ

製品概要


スペクトル(1D)、画像(2D)、スペクトルマッピング画像(3D)など様々な科学データを表示・分析できるソフトウェアです。
レーザー顕微鏡や分光顕微鏡で測定されたデータに対応するため、データは顕微鏡画像および顕微鏡画像内で測定位置との対応ができるようになっています。 測定画像や、スペクトルマッピング画像は、顕微鏡画像と重ね合わせて半透明表示など、顕微鏡測定データの解析に必要な機能が豊富です。


Thickness (mm)
図:3種のデータ (スペクトル、 画像、 スペクトル画像)


特長

  • 3種のデータ(.ssg, .ssi, .smi)をサポート
  • 柔軟な異種データ間の入出力機能
  • 異なるデータ種間で、統一されたユーザーインターフェース
  • 多数のデータを瞬時に把握できる単一ウインドウと、データ毎のタブ形式ウインドウ表示。
  • ファイルエクスプローラによる扱いやすいデータ操作
  • 多数のスペクトルを、簡単に扱えるスペクトルグループデータ (.ssi)
  • 多数の画像を、簡単に扱える画像グループデータ (.smi)
  • 直感的にスペクトル画像を表示できるスペクトル画像データ (.ssi)


機能

スペクトル [.ssg (scienceedge spectra graph フォーマット)]


  • 複数スペクトルの同時表示・非表示
  • 顕微鏡画像と測定位置の対応
  • スペクトル同士および定数の四則演算 (+ − × ÷)
  • テキストデータ保存
  • スペクトルグループ間での、スペクトルのエクスポート

Thickness (mm)
図:スペクトル 表示


画像 [.smi (scienceedge multi-image フォーマット)]


  • 画像のエキスポート
  • 画像のコントラスト調整
  • 画像と顕微鏡画像の重ね合わせ、半透明表示

Thickness (mm)
図:画像 表示


スペクトル画像 [.ssi (scienceedge spectrum-image フォーマット)]


  • スペクトルの選択によるスペクトル画像の生成
  • スペクトル画像の生成モード:バンド平均強度、コベル法によるピーク面積
  • スペクトル画像の全スペクトルとスペクトル同士の四則演算 (+ − × ÷)
  • スペクトルエキスポート
  • スペクトル画像のコントラスト調整
  • スペクトル画像と顕微鏡画像の重ね合わせ、半透明表示

Thickness (mm)
図:スペクトル画像 表示


共通


  • ファイルエクスプローラによるデータの選択
  • 顕微鏡画像表示
  • 測定条件などメタ情報の表示
  • データの保存・読み出し
  • バージョン情報の表示


アプリケーション

  • ラマン分光、赤外分光、吸収分光、反射分光、散乱分光、LIBS
  • 共焦点顕微鏡、共焦点蛍光顕微鏡、レーザー顕微鏡
  • ラマン分光顕微鏡、赤外顕微鏡、白色分光顕微鏡、LIBS顕微鏡

仕様


  • 動作環境: Windows 10 64bit OS
  • 最新のバージョン: V.1.4
  • ライセンス: USBドングルによる永久使用ライセンス
  • 納品物品: インストールDVD, USBドングル

更新履歴



2020/12/14 : Ver 1.4.8 リリース。
  • SSIデータのスペクトル表示領域設定方法の追加(コンテキストメニュー)。

2020/11/19 : Ver 1.4.7 リリース。
  • SSIデータ/SMIデータの疑似カラー表示。

2020/10/01 : リリースしました。バージョンは、Ver 1.4.6です。

FAQ


Q1. 顕微鏡画像のないスペクトルデータや、ハイパースペクトル画像の解析などはできますでしょうか?

A1. はい。顕微鏡画像のなくとも、表示・解析などが行えます。